ロゴt.jpg

現在の日本では、賞味期限内でまだ食べられる食品が、外箱の破損や印字ミスなどの理由により大量に廃棄されています。その量は年間500~800万トンといわれ、日本の米の総生産量に相当します。

またクリスマスケーキや恵方巻などの季節商品の大量廃棄が社会問題となっています。

その一方で、失業や病気、その他の理由によりの日の食事にも事欠く人が増えています。

そんな現状に鑑み昨年、「食品ロス削減推進法」が成立、施行されました。現在具体的な法整備を行うべく、会議

が重ねられています。

"フードバンク大牟田"は、企業や個人の方からまだ食べられるけど不要になった食品の寄贈を受け、福祉施設・子ども食堂や必要とする方々に無償で適切に提供する活動を行い、食品ロスの削減に努めます。

フードバンク大牟田
活動内容
活動内容
活動内容